犬飼直之論文一覧




[ 論文一覧 ] [ 招待講演・講演・口頭発表など ] [ 報告書・著書一覧 ]


■論文一覧

  1. 犬飼直之,田邉修斗,"水難事故防止を目的とした東京湾奥部の干潟における潮位変動の把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第29巻,OES29-080,pp.1-pp.8,2022.
  2. 犬飼直之,上原直也,金村昴,"2019年10月の台風19号通過時における 富山・新潟県沿岸域の海象の特徴把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第29巻,OES29-025,pp.1-pp.8,2022.
  3. 犬飼直之,"離岸流による水難事故発生防止のための海水浴場の危険個所の把握",2021年度水難学会秋季研究発表会予稿集,1巻,2-3_pp.1,2021.
  4. 犬飼直之,"三番瀬における水難事故発生状況および上げ潮時の汀線の変動量の把握", 2021年度水難学会秋季研究発表会予稿集,1巻,2-4_pp.1,2021.
  5. 犬飼直之,勝山大地,安倍淳,木村隆彦,鈴木直子,斎藤秀俊,"水難事故対策のための幕張の浜の突堤付近での水面および流況の把握",土木学会論文集B2(海岸工学),77巻,2号,I_805-I_810,2021.
  6. 犬飼直之,難波悠太,"離岸流場において安全に活動するための流況の把握", 土木学会論文集B2(海岸工学),77巻,2号,I_811-I_816,2021.
  7. 犬飼直之,勝山大地,安倍淳,木村隆彦,鈴木直子,斎藤秀俊 ,"水難事故対策のための幕張の浜の突堤付近での 水面および流況の把握",第68回海岸工学講演会論文要旨集,68巻,No.167,2021.
  8. 犬飼直之,難波悠太,"離岸流場において安全に活動するための 流況の把握",第68回海岸工学講演会論文要旨集,68巻,No.168,2021.
  9. 犬飼直之,石貝翔馬,松田曜子,"2019年山形県沖地震で発生した津波に関する 情報伝達状況と住民行動の把握",土木学会論文集B3(海洋開発),77巻,2号,I_127-I_132,2021.
  10. 犬飼直之,"離岸堤が複数設置された銭函海岸で2017年8月発生した水難事故の発生要因の把握",第11回水難学会学術総会予稿集,11巻,pp.1,2021.
  11. 犬飼直之,"静岡県高松海岸における海岸を遡上する波浪の挙動解析", 第11回水難学会学術総会予稿集,11巻,pp.1,2021.
  12. Naoyuki Inukai and Keita Shinada, "ANALYSIS OF WIND DRIVEN CURRENT IN ISHIKARI BAY AND NEASHORE CURRENT AT ISHIKARI-HAMA BEACH, JAPAN", Proceedings of virtual Conference on Coastal Engineering,Vol. 36v, pp.1-pp.11, 2020.
  13. 石貝翔馬,松田曜子,犬飼直之,"山形県沖地震における新潟市内の津波避難行動の分析",土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,38巻,1号, 1-419_1-419_4,2020.
  14. 犬飼直之,四家哲人,安倍淳,木村隆彦,鈴木直子,田村祐司,斎藤秀俊,"水難事故防止の為の静岡県高松海岸における遡上波浪の挙動把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76,No.2,I_1189-1194,2020.
  15. 犬飼直之,南原充,安倍淳,木村隆彦,鈴木直子,齋藤弘樹,斎藤秀俊,"2017年8月に銭函海岸の離岸堤付近で発生した水難事故の発生要因の把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76,No.2,I_1183-1188,2020.
  16. Naoyuki Inukai and Keita Shinada, "ANALYSIS OF WIND DRIVEN CURRENT IN ISHIKARI BAY AND NEARSHORE CURRENT AT ISHIKARI-HAMA BEACH, JAPAN", Absract of virtual Internatiocal Cosstal Engineering (vICCE), American Society of Civil Engineers (ASCE), Vol. 36v, p.1, 2020.
  17. 犬飼直之、安倍淳、木村隆彦、鈴木直子、齋藤弘樹、宇昌克美、岸浩明、斎藤秀俊,"小樽市銭函海岸における離岸流付近の波浪状況の把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第27巻,OES28-043,pp.1-pp.8,2020.
  18. 犬飼直之、安倍淳、木村隆彦、鈴木直子、齋藤弘樹、田村祐司、斎藤秀俊,"静岡県高松海岸における遡上波浪の挙動について",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第28巻,OES28-037,pp.1-pp.8,2020.
  19. 犬飼直之,安倍淳,木村隆彦,鈴木直子,齋藤弘樹,宇昌克美,岸浩明,斎藤秀俊,"水難事故調査の為の水上オートバイでのADCP移動計測による地形・海象情報の把握",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 76,No.2,I_708-I_713,2020.
  20. 犬飼直之,高橋直紀,斎藤秀俊,安倍淳,木村隆彦,新西道浩,油布健太郎,"半島陰影部に位置する福岡県古賀海岸での波浪挙動の把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75,No.2,I_151-I_156,2019.
  21. Naoyuki Inukai and Keita Shinada,"A Study on Wind Driven Current and Nearshore Current at Ishikari-Hama Beach", Proceedings of the Twenty-ninth (2019) International Ocean and Polar Engineering Conference, The International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE),Vol. 29, pp.3815-pp.3820, 2019.
  22. 犬飼直之,高橋直紀,斎藤秀俊,安倍淳,木村隆彦,新西道浩,油布健太郎,"半島陰影部に位置するポケットビーチでの波浪挙動に関する研究",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 75,No.2,I_259-I_264,2019.
  23. 犬飼直之,"半島陰影部に位置する福岡県古賀海岸での波浪特性の把握",水難学会,第9回水難学会学術総会予稿集,季刊ういてまて,第14巻,第2号,pp.65,2019.
  24. Naoyuki Inukai, Masaya Shinohara, Tokimitsu Ochiai and Hiroshi Yamamoto,"ANALYSIS OF WAVE RUN UP DYNAMICS AT JOGEHAMA BEACH JAPAN",Coastal Engineering Proceedings, American Society of Civil Engineers (ASCE),Vol. 36,papers.68_pp.1-pp.10,2019.
  25. 犬飼直之,山下晃史,山本浩,"新潟周辺における突堤付近のカスプ地形海岸で発生する離岸流の流況把握",土木学会,土木学会論文集B1(水工学),Vol. 74,No.5,I_589-I_594,2018.
  26. 犬飼直之,塚田佳樹,山本浩,"新潟県上下浜海岸におけるカスプ地形の生成要因に関する研究",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 74,No.2,I_1405-I_1410,2018.
  27. 犬飼直之,山下晃史,山本浩,"突堤が設置されたカスプ地形海岸で発生する離岸流の流況把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 74,No.2,I_1411-I_1416,2018.
  28. 犬飼直之,品田啓太,"石狩湾奥部の海岸付近における天候変動時の流況変動に関する研究",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 74,No.2,I_571-I_576,2018.
  29. 高橋 直紀,犬飼直之,"半島陰影部に位置する古賀海岸での海象変動に関する研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第36巻,pp.78-pp.81,2018.
  30. 小池悠斗,犬飼直之,山本浩,"小カスプを形成する海浜での地形形状の生成条件に関する研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第36巻,pp.124-pp.127,2018.
  31. 犬飼直之,山下晃史,山本浩,"突堤が設置されたカスプ地形海岸で発生する離岸流の流況把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第27巻,OES27-017,pp.1-pp.5,2018.
  32. 犬飼直之,品田啓太,"石狩浜海岸付近における風向変動時の流況の把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第27巻,OES27-018,pp.1-pp.6,2018.
  33. Naoyuki Inukai, Masaya Shinohara, Tokimitsu Ochiai and Hiroshi Yamamoto,"Analysis of Wave Run Up Dynamics at Jogehama Beach Japan",Book of Abstracts, 36th International Conference on Coastal Engineering (ICCE2018),American Society of Civil Engineers (ASCE),Vol. 36,wave.14 p.1,2018.
  34. 犬飼直之,品田啓太,"石狩浜海岸付近における風向変動時の流況の把握",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 74,No.2,I_982-I_987,2018.
  35. 犬飼直之,鷲尾洋平,政井 雄大,"新潟県沖で発生する津波の到達水位の簡易的な把握について",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 74,No.2,I_187-I_192,2018.
  36. 犬飼直之,篠原将也,小池悠斗,塚田佳樹,山本浩,"波浪が砂浜を遡上し水難事故を発生させる可能性のある新潟県内の海岸の抽出",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 74,No.2,I_127-I_132,2018.
  37. Naoyuki Inukai, Masaya Shinohara and Hiroshi Yamamoto,"Extract Wave Run Up Beach in Niigata prefecture, Japan", Proceedings of the Twenty-eighth (2018) International Ocean and Polar Engineering Conference, The International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE),Vol. 28, pp.1298-pp.1303, 2018.
  38. 犬飼直之,"石狩湾奥部の海岸付近における天候変動時の流況変動に関する研究",水難学会,第8回水難学会学術総会予稿集,季刊ういてまて,第13巻,第2号,pp.26,2018.
  39. Naoyuki Inukai, Masaya Shinohara and Hiroshi Yamamoto, "Extract Wave Run Up Beach in Niigata prefecture, Japan", Techno-Ocean 2018 International Symposium, OTO’18 (OCEANS’18 MTS/ IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018) , in press, 2018.
  40. Naoyuki Inukai, Neam Kopy and Chamnab EM , "Analysis Prevalent Current at Cambodian South Coastal Region", Techno-Ocean 2018 International Symposium, OTO’18 (OCEANS’18 MTS/ IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018) , in press, 2018.
  41. 犬飼直之,品田啓太,"海浜流と吹送流の影響を受ける海岸の流況把握に関する研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第35巻,pp.74-pp.77,2017.
  42. 山下晃史,犬飼直之,"網代浜海岸における離岸流流速および発生間隔の定量把握に関する研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第35巻,pp.114-pp.117,2017.
  43. Naoyuki Inukai, Neam Kopy and Chamnab EM ,"Analysis Flow Mechanism of Cambodian South Coastal Region", Proceedings of the The 9th International Conference on Asian and Pacific Coasts (APAC2017), Vol. 9, pp.331-pp.342, 2017.
  44. Naoyuki Inukai, Kazuki Ogawa, Yoshifumi Ejiri, Takeshi Ootake and Hiroshi Yamamoto,"Wave Run Up Dynamics in Jogehama Beach, Niigata Prefecture Japan", Proceedings of the The 9th International Conference on Asian and Pacific Coasts (APAC2017), Vol. 9, pp.71-82, 2017.
  45. 犬飼直之,篠原将也,山本浩,江尻義史,大竹剛史,"砂浜を遡上する波浪で水難事故が発生する可能性のある新潟県内の海岸の把握について",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No.2,I_1471-I_1476,2017.
  46. 犬飼直之,櫻井龍亮,山本浩,"新潟市五十嵐浜における離岸堤付近で発生する離岸流の流況把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No.2,I_1465-I_1470,2017.
  47. Naoyuki Inukai, Takeshi Ootake, Hiroshi Yamamoto and Tokuzo Hosoyamada,"A Study for the Generation Mechanism of the Rip Current at the Enclosed Beach by the Groin",Coastal Engineering Proceedings, American Society of Civil Engineers (ASCE),Vol. 35,waves.14_pp.1-pp.8,2017.
  48. 犬飼直之,櫻井龍亮,山本浩,"複数の離岸堤付近で発生する離岸流の流況把握",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 73,No.2,p. I_186-I_191,2017.
  49. 犬飼直之,Neam Kopy,Chamnab EM,"カンボジア南部海域の地形情報の作成および流動機構の把握",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 73,No.2,p. I_198-I_203,2017.
  50. Naoyuki Inukai, Neam Kopy and Chamnab EM ,"Analysis Flow Mechanism of Cambodian South Coastal Region", Proceedings of the Twenty-seventh (2017) International Ocean and Polar Engineering Conference, The International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE),Vol. 27, pp.89-pp.95, 2017.
  51. 犬飼直之,"様々な地形条件で発生する離岸流の流況について",水難学会,第7回水難学会学術総会予稿集,季刊ういてまて,第12巻,第2号,pp.26,2017.
  52. 犬飼直之,櫻井龍亮,山本浩,"離岸堤付近で発生する離岸流の流況把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第26巻,OES26-023, pp.1-6, 2017.
  53. 犬飼直之,川村龍,小宮和樹,"波浪条件の変化による内灘海岸における離岸流発生間隔の変化",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第26巻,OES26-025, pp.1-6, 2017.
  54. 長山昭夫,犬飼直之,松島康太,浅野敏之,"OpenFOAM を利用した新潟県上下浜水難事故時の遡上域における流れ場の検討",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 72,No.2,I_73-I78,2016.
  55. 犬飼直之,小宮和樹,福元正武,石野芳夫,坂井良輔,"ADCP移動観測による内灘海岸における離岸流の計測",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 72,No.2,I_85-I_90,2016.
  56. 犬飼直之,落合時光,小川和真,嶋田拓斗,山本浩,"平成26年5月に新潟県上下浜で発生した水難事故時の遡上する波浪の動態把握について",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 72,No.2,I_1651-I_1656,2016.
  57. 犬飼直之,篠原将也,嶋田拓斗,"平成26年新潟県上下浜海岸水難事故時の砂浜を遡上する波浪の鉛直構造の把握",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第34巻,pp.94-97,2016.
  58. 犬飼直之,川村龍,小宮和樹,"ADCP移動観測による内灘海岸で発生する離岸流の把握",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第34巻,pp.98-101,2016.
  59. Naoyuki Iukai, Yoshifumi Ejiri, Takeshi Ootake and Hiroshi Yamamoto, "Generation Mechanism of the Rip Current at the Enclosed Beach by the Groin", Techno-Ocean 2016 International Symposium, pp.493-498, 2016.
  60. Naoyuki Inukai, Kazuki Ogawa, Yoshifumi Ejiri, Takeshi Ootake and Hiroshi Yamamoto, "Wave run up dynamics at Jogehama beach", Techno-Ocean 2016 International Symposium, pp.603-611, 2016.
  61. Naoyuki Inukai, Takeshi Ootake, Hiroshi Yamamoto and Tokuzo Hosoyamada,"A Study for the Generation Mechanism of the Rip Current at the Enclosed Beach by the Groin",Book of Abstracts, 35th International Conference on Coastal Engineering (ICCE2016),American Society of Civil Engineers (ASCE),Vol. 35,wave.14 p.1,2016.
  62. Naoyuki Inukai, Yoshifumi Ejiri, Takeshi Ootake and Hiroshi Yamamoto ,"A Study on the Wave Run Up Dynamics in Jogehama Beach, Niigata Prefecture Japan",Proceedings of the Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference,The International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE),Vol. 26,pp.611-618,2016.
  63. 犬飼直之,小川和真,江尻義史,大竹剛史,山本浩,"平成26年新潟県上下浜海岸水難事故時の砂浜を遡上する波浪の動的特性",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 72,No.2,I_898-I_903,2016.
  64. 犬飼直之,Neam Kopy,Chamnab EM,"カンボジア Kampot川の感潮帯における流動機構の把握について",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 72,No.2,I_910-I_915,2016.
  65. 犬飼直之,小川和真,嶋田拓斗,山本浩,"平成26年5月の新潟県上下浜での水難事故時における波浪の鉛直構造について",水難学会,第6回水難学会学術総会予稿集,季刊ういてまて,第11巻,第2号,pp.29,2016.
  66. 塚越草太,小林泰秀,犬飼直之,"底面形状を考慮したH∞制御に基づく水槽内の定在波抑制制御",機会学会,機械学会北陸信越支部講演会論文集,第53巻,No.401,pp.1-5,2016.
  67. 犬飼直之,落合時光,櫻井龍亮,"平成26年5月に新潟県上越市柿崎区上下浜で発生した水難事故時での事故状況の把握について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集, 第33巻, pp.144-147, 2015.
  68. 犬飼直之,政井雄大,鷲尾洋平,"日本海で発生する可能性のある地震津波の新潟県沿岸域への到達予測について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第33巻,pp.152-155,2015.
  69. 犬飼直之,江尻義史,大竹剛史,山本浩,細山田得三, "新潟東港周辺における突堤で囲まれたカスプ地形海岸での離岸流の生成機構について", 土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No.2, I_1687-I_1692, 2015.
  70. 犬飼直之,Neam Kopy,Chamnab EM,"カンボジア Kampot川の感潮帯における流動機構の把握について",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第25巻,OES25-080,pp.367-372, 2015.
  71. 犬飼直之,江尻義史,大竹剛史,山本浩,"平成26年5月に新潟県上越市柿崎区上下浜で発生した水難事故時での砂浜を遡上する波浪の動態把握について",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第25巻,OES25-086,pp.391-397, 2015.
  72. 犬飼直之,山本浩,江尻義史,大竹剛史,"平成26年5月に新潟県上越市柿崎区上下浜で発生した水難事故について",水難学会,第5回水難学会学術総会予稿集,季刊ういてまて,第10巻,第2号,pp.25,2015.
  73. 犬飼直之,江尻義史,大竹剛史,山本浩,細山田得三,"両端を突堤で囲まれたカスプ地形を有する砂浜海岸における離岸流の生成機構について",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 71,No.2,I_1191-I_1196,2015.
  74. Naoyuki Inukai, Takeshi Ootake, Hiroshi Yamamoto and Tokuzo Hosoyamada,"A Study for the Generation Mechanism of the Rip Current at the Enclosed Beach by the Groin",Proceedings of the Twenty-fifth (2015) International Ocean and Polar Engineering Conference,The International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE),Vol. 25,pp.1359-1364,2015.
  75. 犬飼直之,大竹剛史,山本浩,細山田得三,"突堤付近における砂浜海岸での離岸流の可視化および発生予測について",土木学会,土木学会論文集B1(水工学),Vol. 71,No.4,I_715-I_720,2015.
  76. 廣田 貴士, 小林 泰秀, 犬飼 直之,"鉛直方向に振動する水平板を用いた消波機構とフィードバック制御に基づく水槽内の定在波抑制",機械学会,日本機械学会論文集,Vol.80,No.819,pp.1-15,2014.
  77. 犬飼直之,小宮和樹,米江駿介,"石川県内灘海岸における離岸流による海浜事故原因解明のための基礎的研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第32巻,pp.176-179,2014.
  78. 犬飼直之,江尻義史,大竹剛史,山本 浩,細山田得三,"数値実験による離岸流の可視化について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第32巻,pp.180-183,2014.
  79. 小川 和真,犬飼直之,杉山郁真,安永佳生,大谷内忠夫,"新潟県中越沿岸域におけるイシモズクの生殖状況の把握",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第32巻,pp.184-187,2014.
  80. 犬飼直之,廣川 渉,"日本海沿岸域の気温変動が海域におよぼす影響について",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第24巻,OES24-023,2014.
  81. 犬飼直之,政井雄大,加藤文章,"日本海で今後発生する可能性がある地震津波の新潟県沿岸域での挙動把握",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第24巻,OES24-054,2014.
  82. 犬飼直之,Neam Kopy,Chamnab EM,"カンボジア南部海域の水環境把握のための調査研究",日本船舶海洋工学会/日本海洋工学会,海洋工学シンポジウム論文集,第24巻,OES24-056,2014.
  83. 大竹剛史,細山田得三,犬飼直之,"平面2次元における波力および流体力を受けて移動する物体の数値計算",土木学会,土木学会関東支部技術研究発表会論文集,第41巻,2014.
  84. 細山田得三,田安正成,犬飼直之,"津波外力を受けて移動する物体の数値計算法の提案",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.69,No.2,I_786-I_790,2013.
  85. 大竹剛史,細山田得三,犬飼直之,"津波外力を受けて移動する物体の数値計算法の提案",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第31巻,pp.100-103, 2013.
  86. 犬飼直之,廣川渉,"地球温暖化が日本海の流況へおよぼす影響について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第31巻,pp.104-107,2013.
  87. 犬飼直之,政井雄大,"地震年報および地形情報を利用した津波の最大水位の予測について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第31巻,pp.108-111,2013.
  88. Mori, N., T. Takahashi and The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group , ”Nationwide post event survey and analysis of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami”, Coastal Engineering Journal, Vol.54, No.1, p.1250001-1-p.1250001-27, 2012.
  89. 犬飼直之,永沢薫,"数値計算による東北地方太平洋沖地震津波による岩手県北部での構造物被災状況の把握",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68, No.2, I_306- I_310, 2012.
  90. 犬飼直之,細山田得三,陸旻皎,熊倉俊郎,南將人,入江博樹,"岩手県北部周辺における東北地方太平洋沖地震による津波被害の調査報告",土木学会,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68, No.2,p.l_19-l_24, 2012.
  91. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ,”津波合同調査の全体概要とその解析結果”,日本河川協会,河川,Vol.67, No.9, pp.70-74, 2011.
  92. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ,”2011年東北地方太平洋沖地震津波に関する合同現地調査の報告”,東北大学災害科学国際研究所,津波工学研究報告, Vol.28, pp.129-133, 2011.
  93. The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group, “Nationwide Field Survey of the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami”, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Series B(土木学会論文集B2(海岸工学)), Vol. 67, No.1 pp.63-66, 2011.
  94. 細山田得三,村川はるみ,犬飼直之,"離岸流と地形変形の相互作用に関する数値計算",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67, No.2,pp.1_556-1_560, 2011.
  95. 村川はるみ,細山田得三,犬飼直之,"離岸流と地形変形の相互作用に関する数値計算",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第29巻,pp.114-117, 2011.
  96. 永沢薫,犬飼直之,"東日本大震災で発生した津波の再現シミュレーション",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第29巻,pp.122-123, 2011.
  97. 犬飼直之,細山田得三,陸旻皎,熊倉俊郎,入江博樹,"東北地方太平洋沖地震により発生した津波の調査報告",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第29巻",pp.124-127, 2011.
  98. 犬飼直之,杉本高志,"2007年7月の新潟県中越沖地震で発生した津波に関する聞き取り調査",海洋開発論文集,土木学会,第26巻,pp.231-236, 2010.
  99. 松永由希子,犬飼直之,中野雅子,大谷内忠夫,"新潟県中越沖地域における沿岸域の波浪特性について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第28巻,pp.86-89,2010.
  100. 永沢薫,犬飼直之,"佐渡東部海域で発生するうねり性波浪と気象についての関係",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第28巻,pp.90-93, 2010.
  101. 犬飼直之,岡本大,"平成20年2月の佐渡島高波被害に関する研究",土木学会,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.B2-65, No.1,pp.1396-1400, 2009.
  102. 犬飼直之,能登兵衛,加藤文章,"津波速報の為の津波発生判断モデルの開発",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第27巻,pp.120-121, 2009.
  103. 犬飼直之,杉本高志,"新潟県中越沖地震における津波に関する避難状況などの聞き取り調査",土木学会,海洋開発論文集,24巻,pp.153-157, 2008.
  104. 細山田得三,犬飼直之,"沿岸域における流出重油の実態とその広がりに関する数値計算法 -1997年ナホトカ号重油流出事故を対象として",日本マリンエンジニアリング学会誌,第43巻,第1号,pp.95-100, 2008.
  105. 犬飼直之,木下茂生,橋本融,山田文則,"海浜事故防止のための波浪推算および調査に関する研究",土木学会,海洋開発論文集,第23巻,pp.667-672, 2007.
  106. 前田祥吾,犬飼直之,"新潟県中越沖地震における津波シミュレーション",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第25巻,pp.94-95, 2007.
  107. 杉本高志,小川直也,犬飼直之,"新潟県中越沖地震による津波に関する聞き取り調査について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第25巻,pp.104-105, 2007.
  108. 長谷川泰亮,犬飼直之,"海岸管理に向けた情報交流ウェブサイトの運用について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第25巻,pp.348-349, 2007.
  109. Hayakawa N., M. Yamasaki and N. INUKAI, "Generalized theory on the dye cloud spreading due to the horizontal turbulent diffusion in the sea", The Proceedings of International Conference on Estuaries & Coasts (ICEC-2006), Vol.2,Co-organized by the International Research and Training Center on Erosion and Sedimentation (IRTCES) and Pearl River Water Resource Commission, P. R. China and sponsored by Pearl River Hydraulic Research Institute ,pp.1203-1208, 2006.
  110. 木下茂生,犬飼直之,細山田得三,"新潟県の海浜事故防止のための基礎的研究",土木学会,土木学会年次学術講演会要旨集,第61巻,2006.
  111. 上村雄一,犬飼直之,"波浪推算モデルを用いた新潟県沿岸域の冬季波浪特性の解析”,土木学会,土木学会年次学術講演会要旨集,第61巻,2006.
  112. 小原敏秀,犬飼直之,"新潟県沿岸域におけるECMWFとSWANを用いた波浪推算",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第24巻,pp.116-117, 2006.
  113. 桐村忠,橋本融,犬飼直之,"新潟県沿岸域の海浜事故防止のための基礎的研究",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第24巻,pp.126-127, 2006.
  114. 上村雄一,犬飼直之,"波浪推算モデルを用いた新潟県沿岸域の冬季波浪特性の解析"、土木学会,土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,第33巻,2頁, 2005.
  115. 犬飼直之、工藤義幸、佐藤伸二郎、早川典生、"直線海岸状付近における吹送流の流況変動に関する研究"、 土木学会、海岸工学論文集、第51巻、pp.356-360, 2004.11.
  116. 犬飼直之、Liang Shuxiu、張瑞瑾、早川典生、細山田得三、"渤海海峡付近の冬季における流動機構について"、土木学会、海岸工学論文集、第51巻、pp.1386-1390、2004.11.
  117. Naoyuki INUKAI,Y. KUDO and N. HAYAKAWA, "A Study on the Vertical Profile of the Wind-Driven Current Affected by Long Shoreline", Techno-Ocean’04 International Symposium VolumeT, pp.133-138, , 2004.11.
  118. 犬飼直之、早川典生、福嶋祐介、"天気図を用いた海上風の推算法について"、 土木学会、海岸工学論文集、第49巻、pp.316-320、2002.11.
  119. 犬飼直之、早川典生、福嶋祐介、Peter SHENG、"直線状海岸付近の吹送流による水位変動についての研究"、土木学会、海岸工学論文集、第48巻、pp.391-395、2001.11.
  120. 犬飼直之、早川典生、福嶋祐介、SUN Chao-Zhen、工藤善幸、"渤海の海水交換機構についての研究"、土木学会、海岸工学論文集、第48巻、pp.1046-1150、2001.11.
  121. 馬河紘子,犬飼直之,早川典生,"大連湾の潮汐計算”,土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会、第19巻,pp31-34,2001.11.
  122. Naoyuki INUKAI, Norio HAYAKAWA and Yusuke FUKUSHIMA, "Water Exchange of the Bohai Sea due to tidal flow and wind-driven flow", Proceedings of Asian and Pacific Coastal Engineering 2001, Co-organized by COES, JSCE (CEC) and KSCOE, pp.325-333, 2001.10
  123. Naoyuki INUKAI, Norio HAYAKAWA and Yusuke FUKUSHIMA, "Water Exchange of the Bohai Sea due to tidal flow and wind-driven flow", Proceedings of the Workshop on Water Pollution Control and Prediction Technology in the Tidal Waters, pp.130-137, 2001.3
  124. Norio HAYAKAWA, Naoyuki INUKAI and Hiroko UMAKAWA, "Dispersion of pollutants out of the Dalian Bay", Proceedings of the Workshop on Water Pollution Control and Prediction Technology in the Tidal Waters, pp.145-150, 2001.3
  125. 犬飼直之、早川典生、福嶋祐介、"冬季における能登半島沖の風と表面流に関する研究"、土木学会、水工学論文集、第43巻、pp.863-868、1999.3.
  126. 犬飼直之,早川典生、福嶋祐介、細山田得三、"日本海の表面流れの数値実験による検討"、土木学会,水工学論文集、第43巻、pp.857-862、1999.3.
  127. 野田和宏,早川典生,犬飼直之,"潮流と風成流数値モデルによる鉛直方向流速分布の効果について",土木学会,土木学会関東支部技術研究発表会論文集,第26巻,1999.
  128. 細山田得三,吉田茂,早川典生,犬飼直之,中田芳貴,"SOLA-SURF法による潜堤周辺波動場の三次元数値計算"、土木学会、海岸工学論文集 第45巻、pp.157-160、1998.11.
  129. 塩野知已,田澤惠康,犬飼直之,早川典生,福嶋祐介,"冬季日本海における海上風と海表面流速の関係について",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会,第16巻,pp.125-128,1998.11.
  130. 佐名木哲二,犬飼直之,早川典生,福嶋祐介,"冬季日本海の地衡風と大気境界層についての研究",土木学会,土木学会年次学術講演会講演概要集,第53巻,No.2,pp.34-35,1998.10.
  131. 佐名木哲二,犬飼直之,早川典生,"冬季日本海の地衡風と大気境界層についての研究",土木学会,土木学会関東支部技術研究発表会論文集,第25巻,2頁, 1998.3.
  132. 犬飼直之、早川典生、福嶋祐介、細山田得三、"数値計算による吹送流を考慮した海表面粒子追跡に関する研究 -ナホトカ号重油流出事故について新潟県沿岸域の被害調査との比較-"、土木学会、海岸工学論文集 第44巻, pp. 1046-1050,1997.11.
  133. 佐名木哲二,早川典生,犬飼直之,"日本海の冬季における水温と流速についての一考察",土木学会,土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,第15巻,4項, 1997.11.
  134. 早川典生、細山田得三、西川誠、宝田盛康、犬飼直之、 "ラグランジュ的粒子追跡による広島湾湾奥部の海水交換に関する研究"、土木学会,海洋開発論文集、第11巻、pp.103-108,1995.6.
  135. 犬飼直之、早川典生、宝田盛康、 "数値計算による大阪湾の海水交換に関する研究 -兵庫県南部沖地震が大阪湾の環境に及ぼす影響について-"、土木学会,海洋開発論文集、第11巻、pp.109-113,1995.6.
  136. 西川誠、早川典生、森正浩、犬飼直之、"広島湾湾奥部の海水交換に関する数値実験"、 Techno-Ocean ’94 International Symposium VolumeT,pp.81-86,1994.10.
  137. Norio HAYAKAWA,Tatsuo YAMANE,Naoyuki INUKAI, "Development of a Dispersion Model with a One-Dimensional Model and a Two-Dimensional Model Combined for the Seto Inland Sea", Techno-Ocean’94 International Symposium VolumeT, pp.75-79, 1994.10.
  138. 犬飼直之,早川典生,宝田盛康,"数値計算による潮汐残差流の改変効果に関する研究",土木学会,次学術講演会講演概要集,第48巻,pp.978-979, 1993.9.
  139. 犬飼直之,早川典生,"瀬戸内海の一次元拡散模型と分散係数",土木学会,年次学術講演会講演概要集,第47巻,pp.1266-1267, 1992.9.



■招待講演・講演・口頭発表など

  1. 犬飼直之,”石狩湾内の海岸付近の流れの特徴について”, 北海道警察航空隊教養セミナー,2018年8月.
  2. 犬飼直之,”水難事故防止のための離岸流に関する研究の紹介”, 水上安全と安全運航に関するシンポジウム - Japan Boating and Water Safety Summit 2017-, 水難学会,日本海洋レジャー安全・振興協会,マリンスポーツ財団,国土交通省・海事局,海上保安庁, 2017年6月.
  3. 犬飼直之,”内灘海岸の離岸流事故発生防止のための研究”, 離岸流等による海浜事故防止講演会, 金沢海上保安部, 2016年7月.
  4. Naoyuki INUKAI, "New Method of Measuring Rip Current by Water Colorant and Drone", The 4th Workshop on the Water Rescue and Survival Research, The Society of Water Rescue and Survival Research, 2015.
  5. 犬飼直之,” UAVを用いた離岸流動態の把握について”, 海岸に関する講演会 in 金沢港, 国土交通省北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所, 2015年9月.
  6. 犬飼直之,”石川県内灘海岸における離岸流による海浜事故原因解明のための基礎的研究”, 内灘海岸流況調査及び事故防止啓発活動, 第九管区海上保安庁金沢海上保安部,内灘町消防本部,石川県警察本部生活安全部地域課, 2015年7月.
  7. 犬飼直之,”平成26年5月新潟県上越市柿崎区上下浜で発生した水難事故について”,第5回水難学会学術講演会特別講演,2015年6月.
  8. 犬飼直之,”北陸地域における沿岸・離島の防災・減災対策の現状と未来“,北陸地域・港湾・空港フォーラム2014パネルディスカッション,国土交通省国土技術政策総合研究所・独立行政法人港湾空港技術研究所・国土交通省北陸地方整備局港湾空港部,2014年12月.
  9. 犬飼直之,” 石川県内灘海岸における離岸流による海浜事故原因解明のための基礎的研究”, 平成26年度石川県内灘海水浴場流況調査, 第九管区海上保安本部金沢海上保安部, 2014年6月.
  10. 犬飼直之,”津波予測は確立しているのか 〜現地調査、シミュレーション結果により意外と 知られていないその特性を明らかにする〜”, NPO法人水環境技術研究会平成26年度年次総会, NPO法人水環境技術研究会, 2014年5月.
  11. 犬飼直之,”意外と知らない津波の特徴”,新潟工業高校出前授業,2013年11月.
  12. 犬飼直之,”意外と知られていない津波のお話し”,新潟工業高校出前授業,2012年12月.
  13. 細山田得三・犬飼直之,“基礎から学ぶ津波の正体と被害調査報告”,平成23年度長岡技術科学大学公開講座,2011年8月.
  14. 犬飼直之,“今だから学びたい津波のこと”,まちなかキャンパス長岡,2011年8月.
  15. 犬飼直之,”「大津波…東日本沿岸で何が起こったか」〜意外と知られていない津波の挙動〜“,NPO法人大地の会平成23年度総会記念講演会,2011年7月.
  16. 犬飼直之,”無線を活用した防災システムについて”,文部科学省研究事業「目指せスペシャリスト」講師,長岡工業高校,2010年10月.
  17. 犬飼直之,“新潟県中越沖地震直後の現地調査時においてWiRESなどアマチュア無線を活用した例について”,ハムフェア特別セミナー2007,2007年10月



■報告書・著書

    ◎著書関連

    1. 犬飼直之,"海水浴で怖い離岸流について知っておこう",RikaTan 【理科の探検】8月号,pp.72-74, 2016年6月.
    2. 犬飼直之,"WiRES-Xノード開局顛末記",CQ ham radio,第71巻・3号,pp.84-87, 2016年3月.
    3. リー飯塚尚子,高橋修,永野健二郎,田中泰司,岩崎英二,犬飼直之,豊田浩史,"建設工学で学ぶ中級日本語2",国際連携センター,長岡技術科学大学,pp.64-78, 2015年3月31日.
    4. リー飯塚尚子,高橋修,永野健二郎,田中泰司,岩崎英二,犬飼直之,豊田浩史,"建設工学で学ぶ中級日本語1",国際連携センター,長岡技術科学大学,pp.79-85, 2014年3月31日.
    5. 犬飼直之,"WiRES-U〜人気のVoIP無線ソフトウエア・セットアップ・ガイド〜",特選ハムのアプリケーション活用,CQ ham radio特別付録,第68巻・4号,pp.34-39, 2013年4月.
    6. 犬飼直之,"WiRESを楽しもう〜新潟工業高校特別講義でWiRESも紹介〜",CQ ham radio,第68巻・2号,pp.179, 2013年2月.
    7. 犬飼直之,"新潟県中越沖地震直後の現地調査におけるアマチュア無線〜WiRESなどの活用例について〜",ハムフェア特別セミナー2007,CQ ham radio,第62巻・10号,pp.56-61, 2007年10月.
    8. 犬飼直之,"WiRESの研究・防災対策への適用例〜電波伝播数値シミュレーションを使って〜",WiRESパーフェクト・ガイド,CQ ham radio特別付録,第62巻・5号,pp.12-14, 2007年5月.

    ◎報告書関連

    1. 細山田得三,犬飼直之,"2011新潟・福島豪雨災害 土木学会調査団 報告書",土木学会水工学委員会,土木学会調査団報告書,第5章,14頁, 2012年5月.
    2. 玉井信行,"2011年7月新潟・福島豪雨災害の概要と超過洪水対策について",土木学会水工学委員会,平成23年度河川災害に関するシンポジウム,15頁, 2012年3月6日.
    3. 玉井信行,"2011年7月新潟・福島豪雨災害による災害の報告(速報)",土木学会,土木学会誌, Vol.96, No.11, pp.6-9, 2011.
    4. 細山田得三,犬飼直之,"新潟県中越沖地震によって発生した海岸施設の被災と津波の伝播および海岸付近の住民の避難対応について",長岡技術科学大学,新潟県中越沖地震被害調査団最終報告書,pp.72-79, 2008年3月.
    5. 岡安章夫,武若聡,荒木進歩,有川太郎,犬飼直之,加藤茂,小林智尚,島谷学,村上啓介,森信人,横木,裕宗,今村文彦,横村俊一,青木伸一,佐藤慎司,中野晋,黒崎ひろみ,"海岸防災・利用の調査研究における市民とのインタラクティブ研究モデルの開発−津波ヴ防災を例に−",重点研究課題(研究助成金)研究成果報告書,土木学会,11頁, 2006年3月.
    6. 福嶋祐介,細山田得三,犬飼直之,"河川堤防の被害および土砂崩壊による河道閉塞",長岡技術科学大学,新潟県中越地震被害報告書,pp.67-80, 2006年3月.
    7. 細山田得三,犬飼直之,"刈谷田川における氾濫シミュレーション",長岡技術科学大学,平成16年7月13日新潟豪雨災害調査報告書,pp.49-68, 2005年3月.
    8. 福嶋祐介,藤本和紀,早川典生,犬飼直之,"屈曲,分岐などの複雑な幾何形状をもつ流雪溝の水理学的検討",長岡技術科学大学,長岡技術科学大学研究報告,Vol.21,pp.81-88, 2000年3月.

    ◎カンボジア関連 (主に環境影響評価)

    1. 犬飼直之,"Koh Tonsay and Koh Tbal Development Project, Kingdom of Cambodia南西部Rabit IslandおよびTbal Islandの開発による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,91頁, 2012年7月23日.
    2. 犬飼直之,"Wan Lilai Project, Kingdom of Cambodia南部Vietnam国境付近の河口浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書 -追加報告",長岡技術科学大学,56頁, 2012年2月8日.
    3. 犬飼直之,"IGB Project, Kingdom of Cambodia南西部の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書 -KEO Project追加報告",長岡技術科学大学,21頁, 2011年8月30日.
    4. 犬飼直之,"Wan Lilai Project, Kingdom of Cambodia南部Vietnam国境付近の河口浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,48頁, 2011年8月17日.
    5. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南西部Kep River河口付近における浚渫による 水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,59頁, 2010年12月29日.
    6. 犬飼直之,"SOKIMEX Project, Kingdom of Cambodia南西部浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,128頁, 2010年11月27日.
    7. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南西部Kampot River分岐点における埋立ておよび浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,67頁, 2010年11月6日.
    8. 犬飼直之,"KPTSEZ Project Kingdom of Cambodia南西部SEZ付近の航路浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,141頁, 2010年6月23日.
    9. 犬飼直之,"MRT Project, Kingdom of Cambodia西部Keo Phos,Oknhama Mong Port付近の航路浚渫による水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,91頁, 2009年10月29日.
    10. 犬飼直之,"MRT Project, Kingdom of Cambodia西部Keo Phos, Oknhama Mong Port付近の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,87頁, 2008年9月5日.
    11. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南部KEP地方Khum Angkol付近の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,20頁, 2008年9月.
    12. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南西部,KEO Project付近の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,97頁, 2008年7月.
    13. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南部KAEB, THMEI付近の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,67頁, 2008年5月.
    14. 犬飼直之,"Kingdom of Cambodia南部KAEB, ANGKOAL付近の埋め立てによる水環境変動の評価に関する業務報告書",長岡技術科学大学,64頁, 2008年5月.

Copyright, Hydraulic Engineering Laboratory
Department of Environmental and Civil Engineering
NAGAOKA University of Technology
| Top Page | Webmaster |